美容皮膚科におけるアートメイクについて

Posted on 2017.8.7 By

アートメイクとは、皮膚にニードルという針を使い色素を入れてる美容技術の事です。肌の質により個人差は多少ありますが数年持続し落ちません。アイメークが苦手な方や朝バタバタしてメイクする時間がないといった時間短縮など求めている方にオススメです。

特に夏場は汗をかいたり、メイクのよれが気になる季節です。ウォータープルーフのアイライナーやペンシルでも落ちてしまいパンダメイクになってしまうと、簡単にメイクを直せなくなってイライラしてしまう季節でもあります。顔に針を刺すなんて。と思う方も多いと思います。しかし、施術してくれる先生は腕も良く優れているのでトラブルなどもしあっても対処できる経験も豊富なので安心して任せられます

例えば施術後の化膿、痛みや腫れなどがあります。部位でトラブルも違ってきますが、心配なことや気をつける注意点などしっかり聞きわからないときは必ず質問するのが一番です。施術に進むまでにしっかりしたカウンセリングがありますので自分の納得がいくまで時間をとってくれます。ネットで気になる皮膚科を何カ所か調べて比較しながら口コミや評判をみて自分に合う場所で受けることをおすすめします

自分が思っているとおりにしてもらえなかった、忙しく流れ作業みたいでなんだか嫌な感じだった、親身になってくれなかったなどの声もありますので決める際は慎重に選んで下さい。美容皮膚科であれば院内に専門の薬があるのですぐ対応してもらえますので比較的安心です。眉やアイラインを引く一連の作業が忙しい朝からなくなると思うと、アートメイクは非常にメリットのある施術だと思います。

関連リンク【アートメイク施術|SHIRONO LASER CLINIC

 

 

 

未分類